-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-07-25 00:45 | カテゴリ:# 活動
前回、前々回と5回コールド勝ちでコマを進めてきた奈高は、いよいよ大一番の智瓣戦を今年も迎えました。
前回2試合は、どちらも第2試合・1塁側でしたが、今回は第1試合・3塁側で、気持ちも引き締まり、よい緊張感の中、応援をすることができました。

初回から緊迫したゲーム展開が進む中、じりじりと点差を広げられ、5点差がついたころ、エースの松井が登板し、強力智瓣打線を3人でピシャリと抑え、流れを引き込みます。
その後、6回の裏にやっとのことで1点が入り、盛り上がりも最高潮に!
その後じは一進一退の攻防で、なかなか点が入らなかったのですが、8回に4点を入れられ、その裏の攻撃も、満塁まで進みはしたのですが繋がらず、残念ながらコールド負けでした。

三回にわたる野球応援に、参加してくださった先輩方、応援に来てくださったOB・OGや先生、保護者の方など、多くの方の支えがあり、熱中症の搬送者も出ることなく無事に終えることができました。
本当にありがとうございました。
来年も更なる野球部の活躍を期待しています!(^^ゞ

暑い中、本当にお疲れ様でした!

DSC02689_convert_20120725010309.jpg





P,S ……今年の曲目……

・はぐれ刑事
・サウスポー
・ルパン三世
・狙い撃ち
・タッチ
・勇気100%
・紅
・夏祭り
・ユーロビート・ディズニー・メドレー
・日曜日よりの使者
・必殺!仕事人
・アフリカン・シンフォニー
・エル・クンバンチェロ

スポンサーサイト
2012-07-25 00:18 | カテゴリ:# 活動
18日の奈文館での練習に続き、
19日は天理市民会館で、20日の終業式によるOFFを挟んで、21日は安堵町のホールでそれぞれ練習をしました。

天理市民会館では9:00~17:00までみっちり練習。
安堵ホールでは午前中が野球応援があったので、金管メンバーは野球応援後、橿原から電車を乗り継ぎ、昼過ぎに合流。木管組は朝から1日みっちりセクション練習も含め、することができました。
かなりハードな数日間で、相当疲れましたが、とてもいい経験と力をつけることができたと思います。
「トーク安堵カルチャーセンター」の様子

DSC02678_convert_20120725001710.jpg
2012-07-18 22:25 | カテゴリ:# 活動
今日は、今年のコンクール会場の『奈良県文化会館国際ホール』でホール練習をしました。
あいにく先生が1日会議の日ということもあり、香芝高校さんと分けっこした、後半をもらったのですが、それでも1時過ぎには香芝高校さんの練習が終わったので、先生が来る4時過ぎまで学指揮で合奏することに。

客席いっぱいに広がって歌を歌ったり、「じゅげむ」の中間部をコラール練習のようにして吹いたり、さらにマーチでテンポ感をつかむ練習をしたりと、とても充実した時間を過ごすことができました。
DSC02649_convert_20120718221405.jpg




その後、先生が来られてバトンタッチし、本格的なコンクール練習モードへ。
まずは通しをして、感覚の調整。
そして『カヴァレリア・ルスティカーナ』、『じゅげむ』の順番でそれぞれ細かなところを調整する練習をしました。
奈良県でもトップクラスの良い響きを持つこのホールを、6時間近く貸切で練習できたことはとても有利なことで、大変有難い経験をさせてもらったと思います。
これからあと3回、場所は違いますが、ホール練習はあります。
今日のこの時間でつかんだ感覚を忘れずに、しっかり良い音楽を作っていけるように頑張りましょう!


ちなみに、審査員席からの眺めはこんなカンジ…。
最高の音をここに届けられるように頑張りましょーーーう!

DSC02651_convert_20120718221439.jpg

2012-07-14 22:05 | カテゴリ:コンサートレビュー
13日の金曜日。不吉な予感がする日ですが(笑)、この日は最高に楽しい時間を過ごせた日でした!(^^)!

圧巻!アメリカン・サウンド
と名付けられたこのコンサート。
ニューヨーク・フィルハーモニックの首席金管奏者が5重奏のアンサンブルで日本中をツアーで回る企画。
僕たちが行ったのは伊丹公演で、「伊丹アイフォニックホール」という比較的新しいとても綺麗でおしゃれなホールでした。
aiphonic.jpg
今回は一括して13人分のチケットを取ったので、割とまとまっていい席を取ることができました。

今回来日したのは、Tp フィリップ・スミス、イーサン・ベンスドーフ、Hr フィリップ・マイヤーズ、Tb ジョゼフ・アレッシ、Tu アラン・ベイアーの5人。
世界的にも神的存在のスミス・マイヤーズ・アレッシなどの偉人をこんなにも間近で見れる機会はまずないので、始まる前からとても期待をしていました。

この日はハプニングもあり、ホールに着いたのが開演3分前という超ギリギリの時間でしたが、割と遅れて始まったのでよかったです。

コンサートのオープニングは、
N,フェッロ作曲の『エントリー・ピース』
僕は一番後ろの席だったのですが、いつ始まるんやろう~と、待っていたら、ふと後ろに人の気配を感じ、振り向くとそこには巨大な外国人が!
と思うとその人はトランペットを持っていて、しばし考えてから気づきました。「スミスや!この場所で吹き始めるんや!」と。
そして楽器をゆっくりと構え、大きく息を吸ってから、パーーーーン…。と素晴らしく澄んだ綺麗な音。
続いて反対側からベンスドーフも吹き始め、階段を下りながら舞台へ。すると舞台横からはマイヤーとアレッシが出てきて、最後にベイアーがゆっくり歩きながら登場。
輝かしいサウンドと圧倒されるパワーで進む音楽に、一瞬で会場の空気が変わりました。

そこからあっという間に前半が終了。
前半の中で特に印象に残ったのは、バルメイジズの『金管五重奏曲』
3楽章からなるこの曲は、各楽章に明確なテーマがあり、シンプルでとても分かりやすい曲でした。
1,3楽章は楽しく明るく軽快な楽章なのですが、2楽章がフリューゲルホルンを使った温かみのある音色と丁寧な音楽で作り上げられた濃密で荘厳な楽章でした。


2012-07-07 20:08 | カテゴリ:未分類
7月3日~6日の4日間、2年生は修学旅行に行ってきました!

全クラスの行動を書くことはできませんが、
どのクラスもまず初日は民泊体験でした(^○^)

4クラスは九州の安心院で、
3クラスは山口県の周防大島で、
3クラスは四国の空の郷で、
それぞれ泊まりました(^○^)

その他の日程は各クラス自由に決めて
行動しました\(^O^)/

どんな修学旅行だったのかは・・・
2年生に聞いてくださいね?(´ω`)笑


さて、後輩たちにお土産を渡したところで・・・
これからはコンクールモードに切り替えて頑張ります!\(^o^)/

1年生は来年をお楽しみに!(^^)



   kossy
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。